沿革

1946年 東京・丸の内で鉄鋼、鉄鋼原料、非鉄金属、機材機械及部品等を取扱う鉄鋼商社であった(株)岸本商店の子会社として設立される。
1954年 米国製医療機器の輸入販売を開始((株)岸本商店)。
人工心肺装置・心電計・生体ポリグラフモ二タ・体外式ペースメーカ・体外式除細動器・血圧トランデューサ・人工心臓弁・X線裝置等。
1964年 「(株)岸本商店」と「(株)大倉商事」との合併に伴い業務内容を一新して、医療機器の輸入販売・非鉄金属などの国内販売で再発足、大阪出張所を開設し営業開始。
1967年 米国製植え込み式ペースメーカ販売を開始。
1968年 米国製大型高圧酸素治療装置を日本に初導入。
1970年 大阪出張所、支店昇格に伴い大阪支店開設。
1976年 米国ITC社のヘモクロン血液凝固計の販売を開始
1980年 福岡営業所開設。
1985年 札幌営業所開設。
1989年 東京物流センター開設。
1990年 東洋紡補助人工心臓(国立循環器病センター開発)の国内販売を開始。

1991年 武田薬品工業(株)から医療機器事業を承継。
1993年 アブレーション(電気焼灼)装置の国内初の認可により輸入販売を開始。
名古屋営業所開設。
1994年 仙台営業所開設。
1995年 大阪配送センター開設。
2006年 三矢メディカル(株)から人工心肺回路関連の承認の承継を受け製造販売元となる。
2010年 フォルテグロウメディカル(株)から人工心肺回路関連の承認の承継を受け製造販売元となる。
2013年 大宮営業所開設。
植込み型補助人工心臓HeartMateⅡ
(輸入元:ニプロ株式会社)の販売を開始。
2014年 医療機器の輸入販売を開始して50周年
PAGE TOP